Free Style Antiques shopblog

埼玉のアンティーク販売、買取のお店

スージークーパーお買取しました

こんにちは。
フリースタイルアンティークスでは
アンティーク・ヴィンテージ食器のお買取もしています!

先日は、とびきり可愛いお品物をお買取させていただきました。
日本でも大人気のスージークーパーです。

「ガーデニア(1952年)」
☆1
くちなしのお花です。
ミントグリーンの縁取りが爽やか。
ちょっとノスタルジックな感じも良いですね。


「パネルスプレイ(1939年)」
☆2
優しいお花柄が女性らしく、愛らしいです。
温かみのあるエンジ色も、ほっと心が和みます。


「ワイルドストロベリー(1953年)」
☆3
お店の中がキュートなイチゴ畑になりました!
文句なしに「かわいい」の一言です!


このプレートにはどんなお菓子を乗せようか、
今日の紅茶は何にしよう・・・なんて
お茶の時間がますます楽しみになりますね。

            スタッフ:ゆさ


◆アンティークジュエリー、家具、雑貨、オブジェetc
 幅広く買取しています!
 ご興味のある方はこちら

◆埼玉のアンティーク買取、販売のお店
 フリースタイルアンティークスHPはこちらから。

  1. 2013/10/19(土) 18:38:49|
  2. お知らせ

藤田嗣治 獣一党より 「魚」

こんにちは。
台風が近づいているそうで
今日のさいたま市は冷たい雨が降っています。

少し前までのあの暑さが
嘘のようにひんやりした空気です。
体調を崩されないように、どうぞお気をつけくださいね。

今回ご紹介するのはこちら。
藤田嗣治の作品が入荷しました。

獣一党より 「魚」
1_201310151258447fd.jpg

フランスで最も有名な日本人画家
藤田嗣治(レオナール・フジタ)(1886-1968)

猫や乳白色の肌をした女を描いた作品は
西洋画壇の絶賛を浴び、あまりにも有名ですね。

2_20131015125854bc8.jpg

「魚 (Les Poissons)」は
20年代中頃から装幀や挿絵などの
本の仕事に力を入れるようになった藤田が、
Henri Chaumet アンリ・ショーメ 著 
「獣一党(Betes & Cie)」(1928年出版/限定350部)の
挿絵のために手掛けた銅版画です。

全部で25点の動物の小作品の1つです。

挿絵という、文章に基づく制約内でありながら
ひとつひとつが完成された作品として
十分に成立しています。

3_20131015125859301.jpg

水の流れに沿いながらも、
確実な意志のもとに泳いでいるような
魚の眼が印象的。


とても小さな作品ですが
つい引き込まれ、見入ってしまう力があります。



ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ



◆埼玉のアンティーク買取、販売のお店 
   「フリースタイル アンティークス」では
   アンティークのお買い取りもしております。
   ご興味のある方はこちらから。

  1. 2013/10/15(火) 13:16:05|
  2. 商品案内

エミール・ガレとルネ・ラリック

19世紀末フランスを中心として広まった
アールヌーヴォーと、それに続くアールデコの時代。

その2つの時代を代表する偉大な巨匠が
エミール・ガレとルネ・ラリックです。

今回は、繊細な感性と
溢れんばかりの豊かな才能が生み出した
2つのガラス作品をご紹介します。

Emile Galle 「セリ文花器」 1900年代初頭
1_20131014161404891.jpg

アールヌーヴォーの代名詞とも言えるガラス工芸家
Emile Galleの花瓶です。
散形花序のセリ科植物がモチーフです。
  
4_201310141614145c5.jpg

多層被せガラスによる白から薄桃色の
柔らかなグラデーション。

花軸から放射状に広がるこの植物は
南フランスを主産地とする
アンゼリカの類かもしれませんね。

2_20131014161409f34.jpg

ほのかな温もりと詩的な情緒を感じさせます。



Lalique 「テト・ド・リオン」
6_20131014161428cce.jpg

モダンジュエリーの先駆けとして活躍、
その後ガラス工芸の世界に華麗なる転身を遂げ
アールデコを代表するガラス工芸家として知られる
René Lalique。

その彼が1926年、パリにて創業したラリック社は
熟練した職人の匠の技により
クリスタルウェアの最高峰として
世界的に認知されています。

11.jpg

9.jpg

「テト・ド・リオン(La tete d'un lion)」は
ライオンの頭という意味。

ラリックの伝統ともいえる
フロステッド(艶消し)技法により
ニュアンスに富んだ柔らかく深みのある光の透過が生まれます。

7_20131014161436e95.jpg

力強く野生的でありながら、
洗練された知性と品格が漂います。


ガレとラリック。
それぞれに豊かな個性が
なんとも素晴らしい魅力を放ち、佇んでいます。


ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ



◆埼玉のアンティーク買取、販売のお店 
   「フリースタイル アンティークス」では
   アンティークのお買い取りもしております。
   ご興味のある方はこちらから。

  1. 2013/10/14(月) 16:25:54|
  2. 商品案内

KPMベルリン 陶板画

こんにちは。
今回は、KPMベルリンの陶板画のご紹介です。

陶板画とは、18世紀の半ばにヨーロッパで生まれた
平らな白磁の板に図柄を描き、焼き付ける技法です。

名画やオペラなどを題材にしたものが多く
世界中で人気を博しています。

1_2013100918111174a.jpg

焼成で発色する温度が色によって異なるため
計算しながら色を塗り重ね、徐々に温度を下げながら
何度も何度も焼いていきます。
気の遠くなるような手間がかかります。

その極めて難しい製法の陶板画において
世界一の完成度を誇るのが
KPMベルリン王立磁器製陶所です。

1763年にフリードリヒ2世により
王室御用達の磁器窯として誕生し
精緻な美しさで多くの人々を魅了しています。

2_20131009181116b3c.jpg

題材となっているのは、イタリアの画家
グイド・レーニ Guido Reni(1575-1642)作
「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」。

16世紀のローマ
美しい少女の悲しい物語です。

横暴な父親によって城内に監禁され
乱暴され続けた貴族の娘ベアトリーチェ・チェンチ。

同情した家来や家族の協力のもと、
父親殺しを決行しますが
その罪のために厳しい拷問を受けた末
極刑に処されることになります。

5_20131009181131481.jpg

画家が処刑を待つ実際の少女を描いた肖像画で
ターバンで頭を覆っているのは
斬首の際、斧の刃が髪の毛で滑らないようにするため・・・



・・・ちょっと悲しい気持ちになってしまいますが
陶板画は油絵と違い、経年による変色がないため
悲運な少女の、この美しさは永遠に保たれます。


ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ



◆埼玉のアンティーク買取、販売のお店 
   「フリースタイル アンティークス」では
   アンティークのお買い取りもしております。
   ご興味のある方はこちらから。

  1. 2013/10/09(水) 18:25:39|
  2. 商品案内

プロフィール

フリースタイルアンティークス

Author:フリースタイルアンティークス

◆買取はこちらから
◆ショップHPはこちらです


住所
埼玉県 さいたま市
浦和区 仲町 2-1-3-101
TEL
048-799-3525
営業時間
・11:30~19:30
定休日
・木曜日



最近の記事

Facebook

お店や商品の最新情報をお伝え中です。 ぜひいいね!をお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する