Free Style Antiques shopblog

埼玉のアンティーク販売、買取のお店

ブロンズオブジェ 鯰

こんにちは。
前回に続き、
今回もブロンズ作品をご紹介します。

ブロンズオブジェ 鯰
@1_201408311922039f8.jpg

平らな頭部にヒゲの生えた幅広い口、
ぬるりとした体をくねらせた姿が
写実的に表現されています。

@2_2014083119220835d.jpg
@3_20140831192213855.jpg

底面に「杜六」の銘が入っていますが、
残念ながら詳細は不明です。

@4_2014083119221953a.jpg

日本での鯰→地震のイメージは古来からのもので
江戸時代には地震除けの護符として鯰絵が流行します。

また地震(自信)が湧く、という駄洒落から
鯰にあやかろうという考えもあるようです。

@6_20140831192227083.jpg

@5_20140831192223453.jpg

一見ややグロテスクな姿形に反して、
素朴な小さな目や愛嬌のある表情など
どこかユーモラスさも漂う作品です。


ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ


◆FreeStyleAntiques では
  アンティークのお買い取りもしております。
  ご興味のある方はこちらから。

  1. 2014/08/31(日) 19:31:14|
  2. 商品案内

Paul Philippe ブロンズ像

こんにちは。
今回はこちらのブロンズ作品をご紹介します。

Paul Philippe 「The Challenge」  1925年
@1_2014082417381660d.jpg

頭部にヘッドバンドを巻き、腕を交差させた
アールデコ期の裸婦立像です。

@2_20140824173821af6.jpg

ポール・フィリップ Paul Philippe(1870-1930)は
ポーランド出身の彫刻家です。

1900年にパリに移り
Antonin Larroux(1859-1937)に師事、
サロンでの成功を収めました。

@7_2014082417384885d.jpg

台座部分に「P.PHILIPPE」のサインがあります。

@3_20140824173827159.jpg
@4_201408241738333f2.jpg

自信に満ちた微笑と挑戦的な態度、
しなやかで官能的な肉体美。

@5_2014082417383815a.jpg

第一次世界大戦を経て女性の価値観は大きく変化します。
従来のコルセットとフリルで着飾り、
家庭に収まっていたものから
活動的で知性を持つ
新たな女性像が求められました。

@6_20140824173844f0b.jpg


「Challenge」のタイトルが示す通り、
自立に目覚めはじめた女性の
新時代への挑みや生の謳歌を感じさせ、
アールデコという時代を象徴するのにふさわしい作品です。



ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ


◆FreeStyleAntiques では
  アンティークのお買い取りもしております。
  ご興味のある方はこちらから。


  1. 2014/08/24(日) 17:44:18|
  2. 商品案内

ピクウェのアイテムが入荷しました

こんにちは。
ピクウェのアイテムが入荷しました。

ピクウェ(Pique)は
鼈甲や象牙といった天然素材に
金銀の小片を嵌め込む美術装飾で
日本の蒔絵の影響を受けたとも言われます。

ピクウェのピルケース 1800年代後期 イギリス
6_201408121711437e4.jpg

ピクウェの起源は17世紀フランスです。

カルヴァン主義のプロテスタントである
ユグノー教徒を中心に伝承されていましたが
ルイ14世の統治による絶対主義のもと
宗教弾圧により国外移住を余儀なくされた職人により
イギリスなどへも渡りました。

7_20140812171149f0b.jpg

コニャックカラーに深い茶の斑が見られる鼈甲に
草花の連続模様、中央には蝶が象嵌されています。

8_201408121711545fc.jpg

蓋の開閉もスムーズで
実用上の問題はないと思われます。

9_20140812171200890.jpg

19世紀に流行した
自然主義(ナチュラリズム)モチーフの中でも
蝶はその美しい姿から特に好まれていました。



ピクウェのブローチ  1800年代後期
2_20140812171120919.jpg

ドーム状に成型された斑のない黒鼈甲に
幾何学模様、中央には勿忘草が配されています。

センチメンタルジュエリーの流行により、
黒いピクウェはジェットなどとともに重用され、
このようなブローチも多く作られました。

5_20140812171136503.jpg

4_20140812171130fb6.jpg

ピクウェの図案は
点状のピクウェ・ポイント(pique point)と
細長いパーツによるピクウェ・ポゼ(pique pose)の
組み合わせで表現されます。

1_20140812171114ac2.jpg

和の装いにも映える、
光によってダークブラウンに透ける黒と
金銀の対比が美しいです。

天然由来の艶感と象嵌の細緻な美しさを
ぜひ胸元でお楽しみ下さい。



ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ


◆FreeStyleAntiques では
  アンティークのお買い取りもしております。
  ご興味のある方はこちらから。


  1. 2014/08/12(火) 17:12:40|
  2. 商品案内

アールヌーヴォーのジュエリー 入荷しました

こんにちは。
アールヌーヴォー期のジュエリーが入荷しました。

新しい芸術の意味を持つ
アールヌーヴォー(Art Nouveau)は
19世紀末の混沌から発祥した
従来にない斬新さで世界的に流行した芸術様式です。

曲線の多用、有機的モチーフなどが特徴として挙げられますが
様式としてはずいぶんと幅広く、
その手法は表現者によって随分異なります。


HENRI MIAULT ペンダント   20世紀初頭
2_201408111536577e4.jpg

フランスのデザイナー
Henri-Victor Miault (1881-1960)
銀杏モチーフのペンダントです。

1_20140811153648e80.jpg

銀杏は、ジャポニズムが席巻した
アールヌーヴォーの時代に
フランスで流行した日本由来のモチーフです。

4_20140811153707545.jpg

トップの裏側に「MIAULT」の文字。

その他にパリのシルバー800を示す左向きの猪、
HENRI MIAULTのメーカーズマーク「HM」があります。

3_20140811153702568.jpg

忠実に模された自然の植物形態に
耽美な叙情性を内包した表現は、
この時代独特の美意識です。


シルバーとムーンストーンのブローチ   20世紀初頭
5_20140811153714070.jpg

植物をイメージさせる抽象的造形、
中央には青白いシラーを放つムーンストーンが
セットされています。

このようなトーンを抑えた組み合わせが
当時は好まれていました。

8_20140811153732d1f.jpg

6_20140811153721c8c.jpg

幻想的なムーンストーンが
柔らかなシルバーの曲線と穏やかに調和しています。

7_20140811153727522.jpg

静寂さを感じさせる佇まいは
どのような装いにも合わせやすく、長くご愛用頂けます。

アールヌーヴォーは一時の流行後、
装飾過剰、退廃的だとして消滅しますが
1960年代頃から再評価されるようになります。

人によって好みはありますが、
日本人の美意識と共通する面も多いスタイルです。



ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ


◆FreeStyleAntiques では
  アンティークのお買い取りもしております。
  ご興味のある方はこちらから。





  1. 2014/08/11(月) 15:59:06|
  2. 商品案内

センチメンタルジュエリー 入荷しました

こんにちは。
今回ご紹介する商品はこちらの2点です。

個人の想いを宿した
センチメンタルジュエリーが入荷しました。

蛇のブローチ 1800年代後期
1_2014080516423470d.jpg

永遠の象徴である蛇と
決して解けることのない深い愛を表した
ラバーズ・ノット(愛の結び目)とを組み合わせたデザインです。

4_20140805164249362.jpg

二つの赤い目とグリーンのストーンはペーストガラス、
筒状のフィリグリーで鱗を表現した体には
エナメル彩色が施されています。

2_20140805164240ed4.jpg

頭頂部にはさりげなく
「真実の愛」である勿忘草の彫刻。
蛇、ノット、勿忘草と
細部まで余すところなく想いが込められています。

3_20140805164244b07.jpg

ヴィクトリア女王が蛇モチーフのジュエリーを好み、
世間でも流行したことは有名です。

女王が婚約指輪に選んだスネーク・リングも
贈り物として大人気となったそうです。
当時の女性達は、
仲睦まじい女王夫妻にあやかりたかったのでしょう。



こちらもノットのモチーフです。
ブレスレット 10K  1800年代後期~1900年初頭
5_2014080516425451e.jpg

永遠に離れることのない
交差した二つの輪です。

6_201408051643009ab.jpg

輪の表面には
さりげなく彫刻模様が施されており、
光を受けて控えめに輝きます。

8_201408051643091f2.jpg

全体に華奢なフォルム、
肌馴染みのよいローズゴールドの色合いが
女性らしい印象です。

7_20140805164304b2e.jpg

煌びやかになり過ぎず、
日常の装いに取り入れやすいブレスレットです。

当時の人々が運命を信じ、一途な愛の永遠性を
ジュエリーに託したことが窺えます。



ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ


◆FreeStyleAntiques では
  アンティークのお買い取りもしております。
  ご興味のある方はこちらから。

  1. 2014/08/05(火) 16:56:07|
  2. 商品案内

ローマンモザイク ペンダント

こんにちは。
ローマンモザイクのペンダントが新入荷です。

1910~1920年代  イタリア
1_20140804180449cbd.jpg

色ガラスの細片を埋め込み、
模様を描き出す伝統技法のローマンモザイクは
17~18世紀、裕福な英国貴族の御曹司が
遊学のために欧州へ赴く
グランド・ツアーの記念として広まりました。

旅の最終地がイタリア、
というコースが多かったようです。

その後も観光土産として人気を博し、
主にローマ遺跡やキリスト教義を題材としたものが
多く作られています。

2_2014080418045710a.jpg

魂の象徴であるハートをベースに
ベツレヘムの星を思わせる放射状の模様、
中央にROMAの文字が入っています。

5_20140804180515a73.jpg

4_20140804180510743.jpg

世界中からローマを訪れる
聖地巡礼者のためのお土産だったのでしょうね。

3_201408041805034e9.jpg

ハートモチーフ&ティアドロップの
女性的なデザインですが、
イタリアらしい快活な色使いによって
ロマンティックに偏り過ぎず、気軽にお使い頂けそうです。



ご興味のある方は是非、HPをご覧になってみて下さいね。

          スタッフ:ゆさ


◆FreeStyleAntiques では
  アンティークのお買い取りもしております。
  ご興味のある方はこちらから。



  1. 2014/08/04(月) 18:11:06|
  2. 商品案内

プロフィール

フリースタイルアンティークス

Author:フリースタイルアンティークス

◆買取はこちらから
◆ショップHPはこちらです


住所
埼玉県 さいたま市
浦和区 仲町 2-1-3-101
TEL
048-799-3525
営業時間
・11:30~19:30
定休日
・木曜日



最近の記事

Facebook

お店や商品の最新情報をお伝え中です。 ぜひいいね!をお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する