FC2ブログ

Free Style Antiques shopblog

埼玉のアンティーク販売、買取のお店

アンティーク イコン

こんにちは。
古いロシアイコンが入荷しました。

イコン(英:Icon/露:Икона)は
主に東方正教会で用いられる板絵の聖画像を指すことが多く、
イコンを通して神に向き合う、聖なる媒介として
ロシアの人々の生活と密接に結びついています。

アンティーク イコン 生神女庇護祭
@1_20150112164624f3f.jpg

推定1800年代、板にテンペラ。
布張りの木枠で額装。

ロシアで広く祝われる正教会の祭の一つである
Покров Пресвятой Богородицы
(生神女庇護祭)のイコンです。

@2_20150112164630af5.jpg

903年 敵軍に包囲された
東ローマ帝国の首都コンスタンティノポリス、
ヴラヘルネの聖堂において生神女マリヤ(聖母マリア)が現れ
敵軍から庇護されたとの奇蹟の伝承に由来します。

(※諸説あります)

@3_20150112164635dc2.jpg

画面上には主ハリストス(キリスト)、
中央には雲の上に立ち
オモフォル(肩衣)を両手にかかげたマリヤの姿、
両側には共に現れたとされる
諸天使、使徒、諸預言者が描かれています。

@4_2015011216463905d.jpg

@5_20150112164645cc9.jpg

空中に現れたマリヤは
全世界が救われるよう跪いて涙を流したのち
祈りを捧げる信徒達をオモフォルで覆いました。


マリヤの下には祈祷書を持つ聖歌者ロマン。
@6_201501121646500f7.jpg

聖歌者ロマン(6世紀)は
生神女庇護祭に纏わる伝承(10世紀)とは時代が異なるのですが、
記憶日(主に聖人の永眠した日を指す)が同日であることから
イコンの中に描かれることの多い人物です。

@7_20150112164655cb6.jpg

顕現を目撃した
佯狂者(ぼろを纏い、放浪無宿の聖人)聖アンドレイと
その弟子エピファニイ。

この2人は通常イコンの右下に描かれます。

@8_201501121647004f7.jpg

経年により掠れていますが
裏面に文字が書かれています。

@10.jpg

今回ご紹介したイコンは
生神女庇護祭のものとしては
正統的な構図といえます。

神聖な空間としての黄金背景、
細密な描線と鮮明な発色のテンペラ技法で描かれた
美しく慈愛に満ちた神の国は
見る人を深い祈りの世界に導いてゆきます。


ご興味のある方は是非HPをご覧下さい。


         スタッフ:ゆさ


◆FreeStyleAntiques では
  アンティークのお買い取りもしております。
  ご興味のある方はこちらから。





  1. 2015/01/12(月) 16:59:34|
  2. 商品案内

プロフィール

フリースタイルアンティークス

Author:フリースタイルアンティークス

◆買取はこちらから
◆ショップHPはこちらです


住所
埼玉県 さいたま市
浦和区 仲町 2-16-17
TEL
048-799-3525
営業時間
・10:30~18:30
定休日
・無休



最近の記事

Facebook

お店や商品の最新情報をお伝え中です。 ぜひいいね!をお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する