FC2ブログ

Free Style Antiques shopblog

埼玉のアンティーク販売、買取のお店

犬・猫のアンティークが入荷しました

こんにちは。
今回は犬と猫をモチーフとした
アイテムが入荷しましたのでご紹介します。

犬のオブジェ
1_20150202150120a31.jpg

ブロンズ製のスパニエル犬。
手のひらに乗るほどの小さな作品です。

2_201502021501256fe.jpg

長い垂れ耳のウェーブがかった毛の質感や
背中から尻尾にかけての丸みのあるラインなど
小品ながらも愛らしい犬の特徴がよく捉えられています。

3_20150202150130d9a.jpg

腰を落として座り、こちらを見つめる姿が
主へのひたむきな愛情を感じさせ、
見る人の心を和ませてくれます。


猫のオブジェ
4_20150202150134dd7.jpg

推定1900年~1920年代頃
スペルター(亜鉛合金)製の猫です。

5_20150202151642f2d.jpg

後ろ脚で立ち、金色の紐で遊ぶ様子は
やや擬人的でユーモラスです。

6_2015020215014475b.jpg

残念ながら欠損していますが、
元々手には紐の他にも何かを持っていたようです。

無邪気なポーズに反して
思いのほか凛々しい目付きがヨーロッパらしく、
独特の愛嬌があります。


こちらは実用品です。
犬のアッシュトレイ
7_20150202150149336.jpg

木彫りのパグ犬が座っているアッシュトレイ。
推定1940~1950年代頃。

丸く飛び出た目はガラス製、
ぺちゃんこの鼻に舌を出してとぼけた表情をしています。

8_201502021514311c7.jpg

金属製のトレイは取り外し可能で
灰皿としての用途の他、小物入れなどとしても
お使い頂けます。

9_20150202150159ff1.jpg

こちらをじっと見上げる姿が何とも健気でいじらしく、
使うほどに愛着が湧きそうです。


猫のピルケース10_201502021502049eb.jpg

こちらは真鍮のピルケースです。
蓋にはガラスの眼球を見開いた立体的な猫。
推定1900~1920年代頃のイギリス製です。

11_2015020215020800d.jpg

12_201502021514364c3.jpg

毛並みやヒゲの細密な表現が美しく
無表情でこちらを見つめる
黒目のある黄色い瞳が印象的です。

年代特有の古色は見られますが
蓋の開閉はスムーズで、実用的でありながら
見た目にも面白味のあるアイテムです。



ご興味のある方は是非HPをご覧下さい。


         スタッフ:ゆさ
                                                                                                                                     
◆FreeStyleAntiques では
  アンティークのお買い取りもしております。
  ご興味のある方はこちらから。


  1. 2015/02/02(月) 15:19:02|
  2. 商品案内

プロフィール

フリースタイルアンティークス

Author:フリースタイルアンティークス

◆買取はこちらから
◆ショップHPはこちらです


住所
埼玉県 さいたま市
浦和区 仲町 2-16-17
TEL
048-799-3525
営業時間
・10:30~18:30
定休日
・無休



最近の記事

Facebook

お店や商品の最新情報をお伝え中です。 ぜひいいね!をお願いします。

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する